MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

高価な査定結果が続出?世界遺産シリーズの切手とは

あなたは世界遺産シリーズという切手をご存知でしょうか。

世界遺産シリーズという切手とは文字通り世界中にある世界遺産を題材とした日本郵政が発行している特殊切手のことなのですが、もしあなたのお持ちの切手の中にこの世界遺産シリーズの切手があるのなら今売るのがチャンスかもしれません。
なぜならこの世界遺産シリーズの切手は切手買取業者での買取で、高価な査定結果が出ているケースが多く見られるからです。
例えば、これまでに発行されてきた他の特殊切手が額割れしているケースが多いのですが、この世界遺産シリーズであれば、種類や状態によっては過去の実際の買取で額面以上の金額が出ることもあるほどなのです。

 

今回はそんな世界遺産シリーズの具体的な種類や特徴、また実際の買取相場価格などについて、日本の世界遺産と世界の世界遺産という2つのグループに分けた上でご紹介したいと思います
自分の持っている世界遺産の切手は高く売れる種類の切手なのか気になる方は、ぜひ今回の記事に目を通してみてください。
もしかするとあなたの世界遺産の切手が特に価値のあるもので、切手専門買取業者での買取に高額査定の期待ができるものだとわかるかもしれませんよ。

 

 

日本の世界遺産に関する切手の種類や特徴

それでは初めに世界遺産シリーズの中で、日本の世界遺産を題材とした切手の種類や特徴について解説をしていきます。
ちなみにこの日本の世界遺産を題材にした世界遺産シリーズの切手というのは、実はさらに3つのグループに分けることができます。
なぜかと言いますと日本の世界遺産に関する切手は、一番初めに日本郵政から発行され始めたものを第1次として、その後第2次、第3次と3回に分けて発行されてきているからです。

 

ではそういった背景をご理解していただいた上でまずは日本の世界遺産を題材にした第1次の切手について見ていきましょう。

 

この第1次の切手が発行されたのは1994年で、そこから1年かけて8種類の切手が発行されました。
この時に題材にされたのは、姫路城天守閣、姫路城図、法隆寺壁画、法隆寺金堂、屋久島の縄文杉、屋久島のヤクシカ、白神山地のブナ原生林、白神山地のクマゲラとなります。
発行時の切手の価格については、法隆寺金堂が110円切手の10面シートで1100円、その他7種類の切手に関しては80円切手の20面シートで1600円で販売されました。
ちなみに第1?3次の切手の中でこの第1次の法隆寺金堂のみが110円切手として販売されたので、これは第1次の世界遺産シリーズの切手の中の1つの特徴だと言えるでしょう。

 

日本の世界遺産シリーズ切手(第1次)

発行年度 1994年
額面の種類 80円 110円
買取における価値 額面ベース

 

 

日本の世界遺産シリーズ切手(第2次)

次に第2次の日本の世界遺産シリーズの切手について見ていきます。
第2時の切手は2001年から発行され始めましたが、第1次とは違ってそこから2年間かけて発行され続けました。
発行されたのは全部で11集なのですが、それぞれ10種類の切手が1枚のシートになっていますので、1枚単位の種類の数で言うとなんと110種類もの切手がこの第2次のシリーズにはあるのです。

 

では具体的にどのような題材が選ばれたのかというと、第1集は日光の社寺、第2集は厳島神社、第3集から第8集は古都京都の文化財、第9集は白川郷・五箇山の合掌造り集落、第10集は週休王国の遺跡群グスク、第11集は原爆ドームとなっています。
そしてこれらの切手の発行当時の販売価格は、それぞれ80円切手が10面シートで800円で設定されていました。
またこの第2次の日本の世界遺産シリーズの切手の特徴としては、やはり全部で100種類を超えるというその種類の豊富さにあると言えるでしょう。

 

日本の世界遺産シリーズ切手(第2次)

発行年度 2001年
額面の種類 80円
買取における価値 額面ベース

 

日本の世界遺産シリーズ切手(第3次)

それでは次に残る第3次の日本の世界遺産シリーズの切手について見ていきましょう。
第3次の切手は2006年から発行されはじめ、現在もなお発行され続けています。
これまで発行されてきた種類については全部で10集となっており、また第2次と同様にそれぞれ10種類の切手があるため、1枚単位で見ると100種類の切手が第3次にはあります。

 

ではこの第3次ではどのような種類の世界遺産が題材になっているのかというと、第1集と第2集は紀伊山地の霊場と参詣道、第3集以降は順に知床、石見銀山遺跡、小笠原諸島、平泉、富士山、富岡製糸場と絹産業遺産群、明治日本の産業革命遺産、ル・コルビュジエの建築作品となっています。
特徴としては第2次と同じくその種類の豊富さがありますが、それに加えて世界的に話題となった軍艦島が題材として取り上げられたこともこの第3次の切手の特徴の1つだと言えます。

 

日本の世界遺産シリーズ切手(第3次)

発行年度 2006年
額面の種類 80円
買取における価値 額面ベース

 

世界遺産,切手買取,ランキング

 

 

日本の世界遺産を題材とした切手の買取相場価格と今後の価格の推移

第1次から第3次まで20年以上かけて発行されてきた日本の世界遺産に関する切手シリーズですが、果たしてこのシリーズの買取相場価格はどのくらいなのでしょうか。

 

正確な買取価格というのは、その切手がいつ発行されたのか、状態はどうなのか、また枚数はどのくらいなのかといった様々な条件によって変わります。
そのためここでは絶対的な価格として○○円とは提示できませんが、相場として考えると額面前後の価格になることが多いです。
ただ切手の状態が良かったり、量が多いなどの特別な条件があれば、額面以上の価格を期待することも十分に可能ですし、実際に過去には額面以上で取引されたケースもありますので、該当する切手をお持ちの方は価値が下がる前に査定してもらってみると良いでしょう!

 

ちなみにこの切手の今後の価格の推移についてですが、切手を収集している人たちの数が減ってきていることから基本的に下がっていく可能性が高いと考えておきましょう。

 

 

海外の世界遺産に関する切手の種類や特徴

ここまでは日本の世界遺産に関する切手についてご紹介してきましたが、最初に少し触れたように世界遺産シリーズの切手には海外の世界遺産を題材とした切手のグループも存在します。
ということで、ここからはその海外の世界遺産に関する切手の種類や特徴について見ていきましょう!

 

海外の世界遺産に関する切手は2013年から発行が始まり、2015年まで2年間発行され続けました。
海外の世界遺産を題材にした切手は全部で5集あり、それぞれ5種類ずつの切手がありますので、1枚単位で見れば全部で25種類の切手があることになります。
ではどのような海外の世界遺産が題材になったのかというと、、、。

 

第1集


第1集ではグランドキャニオン国立公園、メンフィスとその墓地遺跡、モン・サン・ミッシェル、マチュ・ピチュ、アンコールとなります。

 

第2集

第2集ではガラパゴス諸島、タージ・マハル、ヴェネツィア、モシ・オ・トゥニャ、ケルン大聖堂

 

第3集


第3集ではヴェルサイユ宮殿、古代都市テーベ、ローマ歴史地区、グレート・バリア・リーフ、アントニ・ガウディが題材となります。

 

第4集


そして第4集ではカナディアンロッキー山脈自然公園、イスタンブール歴史地域、ストーンヘンジとエーヴベリー、プラハ歴史地区、ハロン湾

 

第5集


残る第5集ではヨセミテ国立公園、アクロポリス、古代都市チチェン、サンクトペテルブルク歴史地区、ボロブドゥル寺院遺跡が題材として選ばれました。
上記の海外の世界遺産シリーズの切手の発行時の販売価格ですが、このシリーズは80円切手で作られていて、5種類1シートのものと5種類?2のシートがありましたので、それぞれ400円と800円が当時の価格となります。

 

 

海外の世界遺産を題材とした切手の買取相場価格と今後の価格の推移

ここまで色々と解説してきました海外の世界遺産を題材にした切手の買取相場価格というのは、最初にご紹介した日本の世界遺産に関する切手とほとんど同じだと考えてください。
つまり相場の買取価格は額面前後の価格が多く、保存状態が良かったり、シートの数が多いなどの特別な条件が付けば、額面以上の高価な価格での買取も期待できるということです。

 

ちなみにこの海外の世界遺産を題材にした切手の価格というのは、時間が経てばプレミア価格が付くのではないかと考えている方もいるのですが、基本的には日本のものと同様に近年では切手コレクターの人の数が少なくなってきていることから、時間が経てば経つほど下がっていくと考えられます。
ですので、切手をお持ちなら額面以上の買取価格が出る可能性のある今のうちに売っておくのが賢い選択だと言えるでしょう。

 

海外の世界遺産シリーズ切手

発行年度 2013年
額面の種類 80円
買取における価値 額面ベース

 

世界遺産,切手買取,ランキング