MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

月に雁という切手の背景や特徴などについて

日本では昔から多くの切手が発行されてきていますが、その中で高額な買取が行われる切手とは、と聞かれた場合に絶対に外せないとして「月に雁」があります。

 

この月に雁という切手が発行されたのは、1949年、昭和24年のことでした。
現在もなお発行されている「切手趣味週間」の始まりに「切手趣味の週間」という切手収集の趣味の普及を目的として当時の逓信省が1947年から設定した週間があります。
この切手趣味の週間を記念して、毎年違うテーマで切手が発行されていました。
そして1949年の第3回目の切手趣味の週間でテーマとして使われたのが歌川広重の「月に雁」であり、それこそが今回の記事で取り上げている月に雁という切手なのです。
ちなみに月に雁が発行された枚数は合計で200万枚で、額面は8円となっています。

 

 

切手のサイズ

そんな背景がある月に雁という切手には様々な特徴があります。
例えば切手のサイズ。
この月に雁という切手が発行されるきっかけになった切手趣味の週間では、第2回目とこの月に雁が発行された第3回目で高額な印紙に使われる目打ち(切り取り線)を利用したこともあって、サイズが日本でも最大となっているのです。
具体的には縦が67mm、横が30mmとなっています。

 

発行部数

また発行部数が少ないという特徴もあります。
先程もご紹介しましたが、全体で発行された枚数は200万枚のみなので、現存している数も少ないのです。

 

ではなぜこの月に雁という切手が高い価値を持ち、コレクター達から人気を集めているのでしょうか。
色々と説はありますが、代表的な理由としては月に雁がそれまでの切手と比べて珍しかったから、というものがあります。
発行部数も少ないということも珍しさでもありますが、他にも縦長の切手であることや世界的に有名な浮世絵がテーマになっていることなども発行当時においては珍しかったので、その珍しさがコレクター達の間で話題となり、人気を呼んだと言われているのです。

 

 

月に雁を売るといくらが買取価格の相場になるのか

月に雁を売るとどのくらいの買取価格になるのか、正確な数字は月に雁の切手の保存状態や、使用済みか未使用か、エラーがあるかどうかなどで大きく変わるので残念ながらいくらと提示することはできません。
しかし、多くのケースでバラ(1枚に切り離された)切手であれば、5千円前後で買取が行われているので、その価格帯を相場として考えておくと良いでしょう。

 

ちなみにバラではなく5枚が連なっているシートの状態であったりするのであれば、より高い買取価格になりますので、もし該当する切手をお持ちなら無駄に傷つけてしまってしまう前に一度見てもらってみることをおすすめします。

 

月に雁 切手

発行年度 1949年
額面の種類 8円
買取における価値 バラ:2500円~1万 シート:3万~6.5万

 

月に雁,切手買取,ランキング