MENU

赤猿切手

特に高い値段がつくと言われているのか中国切手の赤猿と呼ばれるなの切手です。
ではこの赤猿とはどんな切手なのかと言うと、 1980年15日に中国で年賀切手として発行された切手となります。

 

 

中国共産党記念シリーズ切手

日本だけでなく世界中で高額な買取価格がつくことが多いプレミアムな切手の1つに、「中国共産党記念シリーズ」という中華人民共和国切手があります。
この中国共産党記念シリーズの切手というのは、その文字通り中国の共産党が何らかの記念として発行してきた切手のシリーズです。

 

牡丹切手

「牡丹シリーズ」という15種類の切手をご存知ですか。正式名称は「特61 1964年」。
その名の通り1964年に中国で発行されたものです。

 

革命的な現代京劇切手

中国で作られた、「革命的な現代京劇」シリーズです。
それぞれの切手が、キリッとポーズをとった人々で構成されています。

 

オオパンダ切手

今や日本における人気動物の筆頭格となった、中国に生息する動物、ジャイアントパンダ。
1972年のカンカン、ランランの来園以来、その人気は衰えることを知りません。
現在、パンダは9頭も日本で見ることができます。

 

オリンピック記念切手

日本では、夏季と冬季の両方含めると3回のオリンピックが開催されています。
そして実はそのオリンピックを記念して日本郵政から特別切手が販売されていたのです。

 

科学を愛そう切手

特に、社会が大きく変動する時期に発行された切手には、時の政権の思惑や葛藤が見え隠れし、より一層価値を高めています、今回紹介する切手は、中国の「科学を愛そう」シリーズです。

 

黄山切手

黄山、その神秘性は世界共通といってもいいでしょう。
しかし、世界に名山多しといえども、「黄山」にはかないません。

 

徐悲鴻切手

今回紹介するプレミア切手は、1978年に発行された「徐悲鴻莽馬シリーズ」10種です。
徐悲鴻(じょひこう)という画家の作品、「馬」が描かれた切手です。

 

梅蘭芳舞台芸術切手

1963年に発行された「梅蘭芳舞台芸術シリーズ」全8種です。

梅蘭芳(メイランファン)とは、近代から現代の中国で、一世を風靡した京劇役者です。

 

毛沢東切手

切手コレクターにとって、その希少価値が故に人気の高い「中国切手」。そもそも希少価値が高いのはなぜでしょうか。
それは1960年代後半から70年代半ばまでに吹き荒れた「文化大革命」の嵐が大いに関係しています。