MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

中国共産党記念シリーズとはどんな切手なのか

日本だけでなく世界中で高額な買取価格がつくことが多いプレミアムな切手の1つに、「中国共産党記念シリーズ」という中華人民共和国切手があります。
この中国共産党記念シリーズの切手というのは、その文字通り中国の共産党が何らかの記念として発行してきた切手のシリーズです。
その中でも代表的なものとしてあるのは、中国共産党第1次全国代表大会が開かれてから50周年を迎えた時に発行された中国共産党50周年切手中国共産党46年目を記念に作られた毛沢東を絵柄とする切手などがあります。

 

中国共産党記念シリーズの買い取り価格が高額になっている理由

中国共産党記念シリーズ切手買取,ランキング

 

先ほどご紹介した中国共産党50周年切手や46年目を記念に作られた毛沢東の切手などはどちらとも高い買取価格がつくことがほとんどです。
実はこれらの中国共産党記念シリーズの切手が発行された当時というのは中国では様々なことが禁止されており、その中に切手の収集などという趣味も含まれていました。
そのため他の切手と比べて流通している数が圧倒的に少なく、 希少性が極めて高いため結果的に驚くべきような高い価格が付くようになっているのです。

 

中国共産党記念シリーズ切手(毛主席像 中国共産党50年)

発行年度 1971年
編号 革4
買取における価値 1万~2万円

 

 

中国共産党記念シリーズの切手の相場価格と今後について

中国共産党記念シリーズの切手の価格というのは、現在では非常に高額となっています。
例えば、中国共産党50周年記念の切手で全種類揃っているなら買取価格の相場は2万円前後、46年目を記念された切手で全種類揃っているなら買取価格の相場は5万円を超えるとも言われているほどです。

 

しかしその高い値段が今後も維持される可能性は高くないと言われています。
なぜなら中国という国の経済そのものに大きな問題があったり、切手のこれからの数が年を重ねるごとに減ってきているなどの問題が起きているからです。
そのためもしあなたがこの中国共産党記念シリーズの切手を持っているのであれば、高い買い取り価格が提示されている今、売却しておくのが賢い選択だと言えるでしょう。

 

中国共産党記念シリーズを切手を高額で買い取ってもらうには

もしあなたが中国共産党記念シリーズの切手を高額で買い取ってもらいたいのであれば、なるべく高い内に売っておくというのも重要ですが、それ以外に複数の買い取り業者に査定を依頼しておくというのも非常に重要なポイントとなります。
なぜなら切手の買い取り業者というのは業者によって高く買い取りたいと考えている切手の種類が違うため、1つの業者だけに買取査定を依頼しておくと本来の価値よりも低い買取価格で売ることになってしまう可能性があるからです。
現在ではネット型の切手の買取利用者が数多く存在しており、それぞれの査定は無料で利用できるようになっていますし、査定結果に満足できない場合には切手は安全に返却されるようになっています。
ですので、手元にある切手を売る際にはできれば複数の業者に買取査定を依頼してもらうようにしてみてください。 

 

中国共産党記念シリーズ切手(毛主席像 中国共産党46年)

発行年度 1967年
編号 文4
買取における価値 5万~6万円

 

中国共産党記念シリーズ切手買取,ランキング